2007年05月27日

日本ダービー

 TVで競馬を観戦してました。

 今日のメインレースはGIの「日本ダービー」


 紅一点で参戦したウオッカ。。。


 綺麗な馬なうえに、見事な走り!


 感動しました!!!(^-^)



 私、エアグル-ヴ以来、お気に入りの馬がなかなか見つからなかったんだけど、ウオッカ、ステキ(∇〃)♪


 名前もいいもんね〜!(笑)


 次走が楽しみです♪
posted by しづか at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観賞

2007年04月24日

BLOOD DAIAMOND

BLOOD DAIAMOND

『BLOOD DAIAMOND』



 美しいダイヤモンド。

 でも、その裏にある紛争ダイヤモンドの実態。。。

 『BLOOD DAIAMOND』はそのダイヤに秘められた闇を明かす内容の映画です。


 紛争ダイヤについては活男から聞いていたし、うちの世界地図にも載っていた話なので知らなくはなかったのですが…


 映画だから当たり前な事なのですが、耳で説明を聞いたり文字で情報を得るより迫力が凄くて…

 もちろん映画なので、事実でありながら作られたもの、なのですがね…。


 重かったです。
 
posted by しづか at 20:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 観賞

2007年04月23日

ハッピーフィート

 やっと観ました!!!

 踊るペンギンムービー『ハッピーフィート』!


 もう字幕版の放映が終わってしまって、吹き替え版しか上映されていなかったので、全体的にどんな雰囲気か、少し不安な気持ちを持ちつつ観に行ったのですが、ストーリー性もあったし、込められたメッセージにも共感できたし、なにより主人公のマンブルの生き方がいい!!!

 そして、歌の部分は字幕のままなので、吹き替えになると出来る違和感もなく、歌も満喫できました。
 
 ペンギン的には、最後まで皇帝ヒナの顔のままのマンブルに疑問が残る所もありましたが、コロニーに大勢集まるペンギンたちの姿や、アデリーペンギンなど、本物みたいで凄かったです。

 途中、氷山を滑り落ちるシーンは酔いそうでしたが…(^_^;)


 自分らしく生きる事の大切さ、そして真理を追い求めるマンブルの姿を通して人間と自然の在り方にもメッセージを残した『HAPPY FEET』は、楽しい中にも深いものがある、そんな素敵な映画でした。


HAPPY FEET

『HAPPY FEET グッズ』


 パンフレットとクリアファイルとシャープペンシルを購入しました♪

HAPPY FEETのマンブルシャーペン

『マンブルシャーペン』


 シャープペンシルのマスコット部のアップです。

 雪に見立てたモコモコの中にマンブルが居て、ホワホワです(^^)


 
 ウワサでは他のキャラクターのグッズもあるらしいのですが、田舎の映画館だからか、グッズは少ししかなくてマンブルばかり…


 アミーゴス物もあったら欲しかったかも〜(^_^;)
posted by しづか at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観賞

2007年04月04日

ドリームキャッチャー

 『ドリームキャッチャー』を観ました。


 “ドリームキャッチャー”といえば“お守り!”なので、そんな怖い映画ではないかと思いきや・・・


 ヘタレの私にはハラハラ・ドキドキの連続で、手に汗握る恐怖の物語でした(;_;)

 
 敵の正体が見えるまでは本当に恐ろしい!の一言でした。

 
 でも、見たくない、と思いながら、薄目で追ってしまうストーリー…


 あぁ、ほんとうに怖かったです。



 すべてのお話しを見終わった後。。。

 DVDの特典で未公開シーンが収録されていたのですが。。。

 
 本編とは違うラストシーンも収録されていて、それを見てやっと、「これは人間が作ったんだ!」と自分を納得させることが出来てホッとしました(^_^;)

 そんなに怖いなら観なけりゃいいのにねぇ〜(^_^;)
posted by しづか at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観賞

2007年04月03日

モスキート・コースト



 『モスキート・コースト』を観ました。
 
 
 文明社会に生きる事が嫌になった発明家の父、アリー(ハリソン・フォード)が、家族を連れて大自然の中に生きようと、モスキート・コーストというジャングルに移住する、そんな物語です。

 
 でも、そんなところにも文明の波は押し寄せてきて、結果、一家の絆もボロボロになってしまう。。。



 自分の発明の力と行き方に凄まじい信念を持つハリソンフォードの演技も凄かったですが、長男のチャーリーが上手くて、誰なんだろう?と思っていたら、リバー・フェニックスでした。

 

 人間と文明と家族と・・・


 様々な事を改めて考えさせられる、そんな、深い物語でした。
posted by しづか at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観賞

2007年03月27日

パイレーツ・オブ・カリビアン

 『パイレーツ・オブ・カリビアン』のデッドマンズ・チェストを観ました。


 シリーズ2作目にあたるこの作品、1作目よりさらに内容盛り沢山って感じで、とても見所満載!!

 大変に面白かったです。


 そして、今回はイカ・タコ・海藻、フジツボ系って感じの敵で、確かに顔色悪いし、気持ち悪くはあるのですが、前回のアンデッド丸だしなのより怖くなかったのも良かったです。


 ただ、ヌメヌメは「うえぇ〜(。´Д⊂)」でしたが…(爆)



 そして、途中にデイヴィ・ジョーンズがオルガンを弾くのですが…

 タコ足(ひげ?)で器用に弾くその姿には感服いたしました。

 でも、やっぱりここもヌメヌメ。。。

 よく楽器が詰まらないよなぁと思いました。


 活男に、「この楽器弾ける?」って聞かれましたが…

 ヌメヌメ、ノーサンキューです(^_^;)



 3部作の真ん中で、とても続きが気になるところで終わっているので、最終章の公開がすごく楽しみ!


 ってゆうか、こんなにも「次回へ続く〜」なら、公開を待って、この作品を観ればよかったかなぁ(^_^;)
posted by しづか at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観賞

2006年12月05日

コラテラル


 昨夜はDVDを鑑賞しました(^^)

 『コラテラル』(COLLATERAL)

 トム・クルーズが悪役に挑戦したとして有名になった映画らしいです。



 人同士の繋がりが薄い大都会のロサンゼルス。。。

 そんな中、タクシーの運転手と殺し屋のトム・クルーズが偶然に出会い…


 大迫力とかスリル感とかはあまりありませんでしたが、不思議なテンションで展開していく物語はまぁまぁ面白かったです。



 トム・クルーズかぁ。。。

 私、中学生の頃、結構この顔が好きでした(∇ ̄〃)


 だからかなぁ、あまりトム・クルーズが冷酷非道な殺人者に見えなかったというか…

 映画だなぁって感じがありありとして…

 それほどサスペンス映画という感じがしませんでした。


 ちなみに、現在もトム・クルーズの顔が好きかというと…

 今は“フツウ”みたい(^_^;)
posted by しづか at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観賞

2006年11月07日

AVP

エイリアン VS. プレデター(期間限定)

 『エイリアンVSプレデター』を観ました。


 宇宙トカゲのあのでろでろ、ホント気持ち悪かったです(+_+)


 でもそんな中…

 
 南極で無人になってしまった捕鯨基地をウロウロするシーンがあって、「あぁ、きっとここで絶対何か出てくる〜!」って感じが怖くて、「観るのよせばよかったかも」って思っていたら…


 パっと照らされた灯りの中に出てきたものは…


 なんと、フンボルトペンギンだった!!!(∇〃)


 この地にフンボルトペンギンが居るかな?って所は疑問だったのですが、でもおかげで最後まで観切る事ができました(笑)


 ペンギン万歳〜(*´∀`)ノノ
posted by しづか at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観賞

2006年11月04日

ゴッドファーザー

ゴッドファーザー ゴッドファーザーPARTII ゴッドファーザーPARTIII


 全部観ました。

 『ゴッドファーザー I II III』


 コルレオーネ一家の物語はとても壮大でかけひきの連続・・・

 とても面白かったです。


 IIIになって息子のアンソニーが父マイケルのために歌を一曲贈るシーンがあるのですが…


 ゴッドファーザーの愛のテーマとしてヤンキーにも有名なあのフレーズはシチリアの古い民謡だったのですね。


 マフィアの抗争の中に見る家族愛…

 奥が深いというかなんというか…

 
 なるほど、名作と言われるのがよくわかる作品で感慨深いものでした。


 そしてアル・パチーノとロバート・デニーロ…

 カッコよかったです(∇〃)
posted by しづか at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観賞

2006年10月29日

デイ・アフター・トゥモロー

デイ・アフター・トゥモロー アルティメット・エディション

 『デイ・アフター・トゥモロー』を観ました。


 オープニングが南極から始まるので、ペンギンを期待してしまった事には残念な思いをしましたが、地球の温暖化による異常気象がテーマのパニック映画で、とてもハラハラすると同時に、温暖化以外にも多くのメッセージが込められていて、色々考えさせられたよい映画でした。


 ただ、ひとつ言うとすれば…

 途中に出てくる日本の千代田区と日本人には大きな疑問というか、違和感が残ります。(ー'`ー;)

posted by しづか at 17:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観賞

2006年10月08日

戦場のピアニスト

戦場のピアニスト

 『戦場のピアニスト』を観ました。

 以前からとても気になっていた映画です。




 ユダヤ系ポーランド人のピアニスト、ウラディスワフ・シュピルマンが、ドイツ人によるユダヤ人の大量殺戮が行われている戦乱の中を生き抜く実話の物語なので、内容がとても重苦しいです。

 
 そんな中で流れるショパンの夜想曲とバラード…


 しばらくこの曲、普通に聴けません。



 観終わったあとはしばらく何も話せなくて、思わず二人して息を潜めてしまったのですが…


 戦争の現実とその中を生き抜いたピアニストの本当の物語…

 観てよかったと思いました。
posted by しづか at 19:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観賞

2006年09月09日

水曜どうでしょう

水曜どうでしょうDVD



 いやぁ、水曜どうでしょうのDVDを貸して貰ったんですが…
 (ってゆうか貸してもらってから2・3ヶ月経っちゃいましたが…)


 原付ベトナム縦断1800`!


 めっちゃ面白かった〜(⌒▽⌒)


 「水曜どうでしょう」は何故か私の回りにやたら好きな人が多くて、是非見なよ〜と各方面からオススメされていたのに、今まで手を出さずにいたのだけれど…


 これはこれは…(b≧∇)


 ベトナムを原付バイク(カブ)で北から南に縦断しましょう、という、題名そのまんまな企画なんだけど…


 走る大泉くんと鈴井さんはもちろんです。

 なんと言っても、とにかくベトナムが凄い!!(笑)


 想像を絶する旅、大いに堪能させていただきました。


 そして。。。

 泣かせていただきましたm(_ _"m)



 これ見て「私もベトナム行きたい!」っては思わなかったのですが(爆)

 私、バイクの免許はないんだけど…

 このカブって50なのかなぁ(・。・)?

 私でも乗れる?!



 カブのメッカ、ベトナムには行きたくないから真のカブ乗りにはなれないけれど(笑)スコールも落とし穴も牛障害も無い日本でなら、このバイクなら私にも乗れるかなぁと、カブに興味深々な私でした。
 m(_ _"m)
posted by しづか at 16:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 観賞

2006年05月03日

地獄の黙示録

 『地獄の黙示録』を観ました。

 何度かいろんな人と話題になっていて、ベトナム戦争がテーマなだけに重い映画だという事は知ってましたが…


 戦争の中での世界観は狂気が正気…。

 
 観終えて複雑。


 感想は重すぎてうまく気持ちは表現出来ないので省きますが(^_^;)、名作と言われているのがよくわかるいい映画でした。


 そして観終わった後…

 活男に「ハリソン・フォードが出てるんだけど気付いた?」と聞かれたのですが…

 まったく気付かなかった。

 おまけで付いてる予告編を観たら彼がちゃんと出てて、凄く若くて、あぁ、言われてみればそうだけど、気付かなかったよ〜!とびっくりです。


 そして、主人公と一緒に船に乗ってる兵士の一人に…

 マトリックスのモーフィアスが居た!(^_^;)


 ・・・って所からマトリックスの3作目、レボリューションも借りてきました(^^)

 
 さすがに3作目だけあって、CGも凄く凝ってるし、なので映像は3作中1番の迫力だけど、さすがにここまで見るとだいぶ動きが読めるというか…(^_^;

 一作目のような感動はなかったかも。(^_^;)


 私的にはあの終わりには少々納得がいかないのですが(^_^;)でも、これが映画製作者の考える結末か、と思い、それはそれで面白かったと思いました。
posted by しづか at 13:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観賞

2006年04月12日

アマデウス

 DVDとか映画って観出すと次々に観たくなるもので…

 今日は『アマデウス』を鑑賞しました(^^)


 モーツァルトの美しい音楽と映像…

 サリエリのモーツァルトの楽曲に対する深い思い・・・

 改めて魅了されました(^^)


 
 実は以前にアマデウスを観たときに、サリエリが気になって、家中の楽譜を探してみたのですが、見つかったサリエリの楽譜はほんの1ページ程の短い一曲だけだった事が思い出され、観ながら少し可愛そうな気がしました。


 そしてクライマックスに流れくる、私の大好きな、レクイエムのラクリモサ。

 鳥肌が立ちました。

 
 ちなみに私が一番好きなモーツァルトの曲は、「ピアノ協奏曲第23番」の2楽章。

 以前、手塚治虫の『ボーダープラネット』に使われていた時にはとても驚きました(^^)

 
posted by しづか at 21:21 | Comment(3) | TrackBack(0) | 観賞

2006年04月11日

レクター博士

 『RED DRAGON』に『羊たちの沈黙』、そして『ハンニバル』。

 私にこれらの映画を鑑賞する日が来るとは思ってませんでした(^_^;)


 ヘタレで怖いものキライな私。

 なので当時は『羊・沈』の、あの不気味な中に浮かぶオドロオドロしい蛾のポスターですら目を合わせないようにしていたのですが…

 時は人を変えるのでしょうか(^_^;)


 ってゆうよりは、活男が見たくて借りて来ちゃっただけなんだけどね(^^ゞ


 部屋でDVDで見たので、布団に隠れながらの鑑賞です(爆)


 観た感想はというと…

 怖かったけど面白かった〜( ̄− ̄)

 
 前々から「ハンニバル」や「羊たちの沈黙」にはバッハのゴルトベルクが出てくると聞いていたので、その辺も興味があったのですが…

 人を撲殺した後にこのゆっくりな曲に乗れるレクター博士…

 やっぱり普通の人間ではありません(T_T)


 観終わって、怖い気持ちをいつまでも引きずるかと思ってたら、DVDの最後にメイキングがあって、スタッフのコメントや制作風景を見てたら、当たり前だけど“現実ではなくて映画なんだ”って事がよくわかって、ホッとしちゃいました(^_^;)


 これを機に、サイコスリラー系の映画をばんばん借りてくる活男(^_^;)

 さらに『SAW―ソウ』ってゆうやつも観たんだけど…

 これの結末は予想出来なかった!
posted by しづか at 19:32 | Comment(14) | TrackBack(0) | 観賞

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。